英語学校に通わず永住権に必要なIeltsスコア取得する方法!

今回はオーストラリアで英語学校に通わずに英語力を上げる方法について話したいと思います。

イントロダクション

実は僕は英語学校に通ったのはフィジーにいた時だけで、1度もオーストラリアの英語学校に通ったことはありません。

今も自慢できる英語力ではありませんが、高卒レベルの英語力から一応オーストラリアの無料の英語レッスンを利用して、こちらの専門学校に入学するために必要な英語のスコアはワーキングホリデーの間に取得することができました。

英語学校の授業料は安くても週$200ぐらいはするので、通う期間にもよりますが、かなりのお金を、セーブできます。

簡単に言えば無料で英語留学できるようなものですね!

お金に余裕がある方はもちろん英語学校に通うことをおすすめしますが、僕のような境遇の方は是非今から紹介する方法を試してみてください。

無料の英語レッスンを利用しよう!

僕が1番いいと思う英語勉強方法がこれです!

オーストラリアには実は、定年した方などがボランティアでやっている英語のレッスンがたくさんあります。

なにしろ移民が多い国なので、英語が母国語ではない人がたくさんいます。

そういう背景から教会や図書館などでは、定期的英語の無料レッスンが移民の人達のために行われています。

教会や図書館で情報をもらうか、インターネットで調べたりすると、わりと簡単に見つかると思います。

場所によってはIelts のライティングの添削もしてくれる所もあるので、先生に聞いてみるといいかもしれません。

日本やオーストラリアの英語学校ではIeltsの英文の添削はほとんどのところで有料だと思うので、かなりお得だと思います。

僕はこの方法で図書館だけで英語を勉強して永住権に必要なwriting セクションの6ポイントをとりました。

図書館の教材を利用しよう!

他にも図書館では、Ieltsの教材が無料で借りれたり、洋画のDVDや洋楽のCDが借りれます。

たまに英語版の日本の漫画もおいてあるので、たまには勉強がてらリフレッシュするのもいいかもしれません。

その他の英語上達方法

Language exchange

その他にも日本語を学びたいオーストラリア人と友達になり、language exchange みたいな形でお互いの母国語を教えあうのもいいと思います。

ローカルの仕事をする!

英語を上達させるには、アジア人経営の仕事の方が見つけやすいですが、出来ればローカルの仕事を見つけた方がいいです。

ローカルの仕事をすれば、必然的に英語を喋る機会は多くなります!

仕事をしながらお金を稼げて英語力もアップ出来れば一石二鳥ですね!

英語を楽しむ!

絶対に忘れてはいけないことですね!

文法や単語ばかり毎日勉強すると必ず嫌になるので、たまには洋楽を聞いたり興味のある英語の小説を読みましょう!

あんまり詰め込めすぎると疲れてしまうので、勉強しすぎる少し空いた時間は、息抜きをすることもおすすめします!

音楽や本は普段の勉強と違いリフレッシュしながら英語を楽しむことができると思います。

楽しむことは何をするにも大事なことですよね!

まとめ

以上のことから、英語学校にお金をかけなくてもできることがたくさんあることを分かって頂けると思います。

僕は最初は自分のおかれている環境を理由にして、何かと出来ないことの理由にしてきました。

そんなことを続けている時にある時、ある友人を見て自分の中で何かで考え方が変わったのですが、時間やお金がないなど言っていたら、一生この状況から抜け出すことができないので、他の人以上に努力して自分の置かれてる状況でもできることを考えようと!

皆さんも色々な境遇の方がいると思いますが、少しでもこの情報が皆さんの永住権のためになれば幸いです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です