僕がオーストラリア永住権取得までに使った費用!

今回は僕がオーストラリアの永住権を取得するまでにかかった費用をまとめていきます!

永住権に取得にかかった総費用!

  • 調理学校2年コース($25180)
  • RSMSビザ申請費($3600)
  • ビザエージェント費用($3600)
  • IELTS 2回分($660)
  • 申請書類の翻訳費用($100)
  • ビザ申請要の健康診断($350)

ビザ申請に関わる費用だけざっくりとまとめましたが、$33490=$1を80円換算で約270万円かかりました!

こうやって振り返ってみるとかなりの費用がかかったように思いますが、これは安い方だと思います。

もしオーストラリアの大学に進学して、永住権を申請しようとすれば、これの軽く2倍以上の費用がかかると思った方が良いです。

IELTSも1回$330と高額で、何回も受けることになるとかなりの額になってしまいます。

実際に僕の知り合いは30回ぐらい受けてる人もいました!

30回受けると約$10000ぐらいかかったことになるので、英語の勉強がどれだけオーストラリア永住権取得に重要かがわかると思います。

エージェント費用交渉次第では安くなるので必ず色々な移民エージェントまたは弁護士からどれくらい費用がかかるかquoteを貰いましょう!

学校探しもかなり重要です。オーストラリアには数多くの学校があり、同じコースでも授業料にかなりの差があります。

僕の料理学校もTAFEなどに比べると$5000近く授業料を節約できました。

学校もエージェントも翻訳にしても必ず料金のquoteをもらうようにしてください!

学生期間中のお金の節約方法

次は皆さんが一番苦労するであろう、学生期間中のお金の節約方法について話していきます。

学生ビザでは原則ホリデー期間中を除いて週に20時間以上就労することができません。

多分大半の方は食費や家賃ぐらいしかお金を稼ぐことができないと思います。

裕福な家庭に育ったわけではない僕は家賃をうかすために1件家を借りて、空き部屋を人に貸すことにより、家賃を抑えていました。

家賃は生活費の中で大きなウエイトを占めるのでやってみて損はないと思います。

家を借りたことない人も多いと思いますので参考程度にオーストラリアでの家の借り方のコツをまとめた記事を下記に貼っておきます!

オーストラリアで一軒家を借りてシェアハウス

十分な資金を準備する必要!

オーストラリアて永住権を取得する際は必ず十分な資金を準備していきましょう!

上記の費用の他に生活費などもかかってきます。

学生は基本20時間以上の就労ができないことになっていますので、おそらく生活費ぐらいしか稼ぐことができません。

その他にもコースをfailした場合、追加でかなりの授業料を払わないといけません。

僕の学校にも授業料が払えなくなってコースの途中で帰国したクラスメートもいました。

永住権取得するために渡豪される方は学校の授業料+生活費ぐらいはお金を貯めておいた方がいいと思います。

まとめ

今回は僕のオーストラリア永住権取得費用について話していきました。

この記事を読んで頂いてわかるようにオーストラリアの永住権取得費用は安くありません。

学校に通っている途中に法の改正があった場合は他のコースに通う必要が出るリスクもあります。

そのため、オーストラリアで永住権取得を目指す場合はこういったリスクをすべて頭に入れ様々な準備をする必要があります!

オーストラリアに渡豪する前に優秀な移住エージェントに相談してから、渡豪するようにしましょう!

もしプロの移民エージェントの方に相談されたい方がいましたら、以下に僕が永住権取得の際に、1から10まで全てお世話になった日本人で移民エージェントをされてる人のWEBサイトを載せておきます。

 

TK migration

僕の永住ビザが降りるまで自分のことのように親身になってビザに関して面倒をみてくださったので、本当に信頼できるエージェントです。

最後にこの情報が皆さんのオーストラリア永住権取得に少しでも役に立ったら嬉しいです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です