海外永住権を目指す上でこれだけは知っておいてほしいこと!

今回は永住権取得を目指す皆さんにどうしても知っておいてほしいことについて話していきます!

永住権は通過点!

永住権は通過点であり皆さんのゴールではありません。これだけは絶対頭に入れておいてくだささい!

確かに永住権を取得すれば、その国の国民とほぼ同等の社会保障を受けて生活することができます。

しかしながらそれは生活するための仕事が保証されているわけではないのです。

永住権取得と聞くと日本のストレス社会から抜け出してその国で豊かに仕事をしながら暮らしてていけるようで、聞こえは良いですよね。

ビジネスなので仕方がないことですが多くの留学エージェントやワーホリエージェントはオーストラリアについて魅力を語り皆さんをオーストラリアや海外永住の道に勧誘します。

そういった甘い勧誘に決して惑わされないでください。

実際僕の知り合いにも永住権取得したにも関わらず仕事がないためやりたくもない日本人経営のジャパニーズレストランでアルバイトをしている人が沢山います。

せっかくオーストラリアに永住できたのにこれでは結局日本の環境と変わりません。

しかしながら永住権を取得したとはいえ、オーストラリアの企業でフルタイムの仕事を探すのは本当に難しいのが現状です。

例え同じぐらいの能力だったとしても、やはり英語を完璧に話せるオーストラリア人を優先的に雇用されます。

オーストラリアで仕事を見つけるには、他の人より秀でた技術や知識を身につける必要があります!

しかしながら中にはオーストラリアの大企業に務めて活躍される日本人の方もいます。

そういった方には共通することがありました!

永住権取得は通過点としか考えていなかったんです!

その中にはオーストラリア永住権取得後に日本で2年間WEBデザイナーの勉強されてオーストラリアに帰ってきてフルタイムの仕事を見つけている人もいました。

その人もオーストラリアで永住権取得を目的としておらず、海外でWEBデザイナーの仕事がしたかったから永住権を取得していました。

永住権は通過点!これだけはわすれないようにしてください!

移民法の改定

オーストラリアに限らず海外永住というのは乗り越えることが多く大変なことで、またその過程でリスクを伴います。

これが永住権を取得する際の1番のリスクだと思います。

移民法の改定のタイミングは誰も知ることができません。

これだけは皆さんがどんなに努力しても変えることのできない要素で、本当に運任せというかギャンブルのようなものです……

もしも皆さんが永住権のために勉強している職種が途中で永住権のリストから外されてしまったら、今まで勉強してきた授業料は返ってきません。

多くの留学エージェントは皆さんが永住権取得するまで面倒をみる義務はないので、そんなことには一切触れないでしょう。

想定外のことがおきた場合でも対応できるようにプランBを必ず準備してリスクマネージメントしておきましょう!

 

最大の難関IELTS

永住権を取得する際に避けては通れない英語のテスト。

今現在オーストラリアで永住権をスポンサーなしで目指すには最低でもIELTS 全セクションで6ポイント以上が必要になります。

更に職種によっては全セクション7ポイント以上必要な場合もあります。

僕が永住権を目指していた時のクラスメートや友達もこのIELTSのスコアが取れずに帰国した人が沢山いました。

1人や2人ではありません。

今の英語のレベルにもよりますが、英語のテストをクリアするのは生半可な気持ちでは絶対無理です。

必ず留学エージェントやワーホリエージェントに相談して永住権を目指す前に英語を勉強する習慣をつけ、最低でも基礎を身につけて、できることなら永住権に必要なスコアを取得できるレベルになって留学しましょう。

僕の場合もそうだったのですが、学校では全て英語で授業が行われるので、中途半端な英語力では、授業についていくことができません。

大学に関して言えば、英語のエッセイやプレゼンテーションなどのテストが沢山あります。

大学の授業は日本で有名なテストTOEIC高得点取得者ですら、いきなり英語の授業についていくのは困難でしょう。

残念なことに日本の英語教育文法などに力を入れているため日本人は他国に比べて話したり、エッセイを書いたりするアウトプットの英語力が非常弱いと感じました。

英語はできるだけ早い内に大学やIELTSを意識して、日本にいるうちに勉強することが、永住権取得へのキーポイントだと思います。

難しいことはあとに回さず先に片付けちゃいましょう!

日本の親戚や友達と疎遠になってしまう。

海外に住んでいると日本の時とは違い友達とも簡単に会えません。

僕の場合も、学校の同窓会などにもまったく出席できず、仲の良かった友達とも結局疎遠になりました。

日本に帰って家族や友人と会いたいと思うことも多々あります。

自分で選んだ道なのでしょうがないのですが、たまに永住をすると寂しい思いをします。

仲良かった友達が離れていってしまうことは思ったよりも悲しいことです……

更には親戚なども疎遠になってしまうこともあります。

僕の場合小さい時に面倒を見てくれた従兄弟の結婚式に出席できず、子供が生まれた時のお祝いもできませんでした。

海外に住む選択をした僕が悪いのですが仲が良かった従兄弟とも結局疎遠になってしまい親戚の中の僕の居場所はなくなってしまいました……

日本人としてのアイデンティティーがなくなる。

海外暮らしになると日本で起こっていることなとが、まったく分かりません。

普段からニュースなどをチェックしている人ならば、大丈夫なのですが僕の場合日本の総理大臣が変わったことも、知らず仕事のお客さんに聞いて知ったぐらいでした。

たまに日本の友達に電話すると、話題が噛み合わずそれでも日本人と言われたこともあります。

友達の言ったことは本当にあたりで、オーストラリアに住んでるけどオーストラリア人でもなく日本人なんだけど日本のことを知らない自分の存在って一体なんなんだろうと思う時もあります。

まとめ

今回は永住権を目指す皆さんにどうしても知っておいてほしいことについて話していきました。

永住するということは、留学エージェントやワーホリエージェントが言っているように華やかなものだけではないと分かって頂けたと思います!

海外に永住することにはそれなりにリスクと困難があるということをこの記事を通して皆さんに知っていただけたら幸いです!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です